Beauty NEWS

lvn_lap_001

2021年09月24日 16:18
PR:リビン・テクノロジーズ


現在、日本は住宅バブルの真っ只中で、
土地価格が高騰していることをご存知ですか?

私は、このおかげで町から少し離れた郊外

24年前に新築で購入した2LDKのマンションが上昇率20%超えになっていました。
(ちなみに6年前は約3700万円と評価されて今では約4500万円。)

最近の調査結果では、40%ほどの人たちが、購入したタイミングよりも高い値段で売れていて

今までの感覚では、信じられないレベルで不動産の価値が高騰してたようです。

日本全土が不動産バブル!?

2021年6月現在、東京オリンピック・日銀の金融緩和による低金利
テレワーク普及の効果なども相まって、特に郊外移住の二ーズが急騰。
日本全国の土地や家、マンションの価値はバブルのように高騰しています。

さらに木材の流通がコロナにより鈍化し、木材価値が上昇するウッドショックが発生してることもあり中古不動産市場は未だかつてない盛り上がりをみせているようです。

この不動産バブル状態を受けて「将来に備えるため」、手持ちの不動産を査定・売却する人が増加しています

不動産バブルははじける寸前!?今のうちに知らないとする可能性大


ただ不動産バブルは2021年を最後に、あとは下がっていくだけといわれています。

更に今後は、人口減少や空き家問題も深刻化…

不動産が売りたくても売れない状態に近づいているのです。
もし少しでも自宅の価値を知っておきたい場合は、今のうちに調べておいて損はありません。

400万人以上が利用した無料の不動産査定が便利

そこで不動産価値を知るために便利なのが「リビンマッチ」という不動産無料査定サイトです。


不動産屋に行かなくても、自宅にいながら複数の業者に査定を依頼することができます。

リビンマッチでは、複数社に無料査定してもらえるため査定額に大きな差がでることがよくあるようです。

不動産業者には取り扱い得意・不得意な物件があるため
不動産の売却も複数社にみてもらい、一番高く売却できる不動産業者を見つけるのが得策です!

複数業者などに見積もりをしてもらう「相見積もり」をすることで、不動産業者同士が競ってくれることもあり、自然と価格も高くなってくるみたいですよ。

ここでリビンマッチを利用して、査定額がアップした事例がありますのでご紹介いたしますね。

K様 40代 男性 戸建て

最高査定額 1,600万円
最低査定額 1,000万円


自分の父親を見ていて、サラリーマンが一生かけて建てた家を安く売ってしまうことに納得行きませんでしたから。少しでも高く売却したいと思いリビンマッチを利用しました。今ではネットやこのようなツールがあるので使うべきだと思います。地元だと情報が限られてくるので、やはり全国規模で見てどうなのかを考える時期・時代じゃないかなと思います。

F様 40代 女性 戸建て

最高査定額 1,000万円
最低査定額 230万円

母が引っ越して私と同居することになり、母の家が空き家となるため、このまま持っていても税金がかかり負担となるので売却を決めました。まずは売り方を調べようとして見つけたリビンマッチを「無料だし使ってみようか」くらいの軽い気持ちで利用しました。家が古かったので、戸建て住宅ではなく古家付き土地としての評価額を査定してもらえました。 住宅ローンの残債があったため、損をしないようにと少しでも高く売るための工夫して、査定額を出してくれたようです。


以上の事例にあるように築年数にかかわらず業者が違えば、ここまで価格に差が生まれるようです。

したがって、せっかく足を運んで不動産屋にいっても
査定が1社だけだと大損することがあるかもしれません。

・持ち家がある
現在の家の価値が知りたい
・より良い家に住み替えがしたい
・住宅ローンを完済したい
・相続した不動産を高く売りたい

など、人それぞれで考えや希望が違うと思います。

気軽に家の価値を知りたい、しつこい営業はうけたくない」という方はリビンマッチを使っておくべきですね。

不景気が加速する不安定な時代。

今日本は近年稀にみる住宅バブルを迎えています。

査定次第で大きく変わる自宅の値段は、もしかするとあなたの人生を変えるかもしれません。

いつかいつかと思っていると地価の暴落で売り時を逃してしまうかも?

その前に一度、スマホから簡単に家の価値を知ってみるのはどうですか?

現在23人が自宅の価値を確認中

会社概要 | プライバシーポリシー